高血圧

高血圧について

高血圧の診断

血圧が上がってしまうことが高血圧という病気ですが、この高血圧の診断には病院で測定する診察室血圧と、家で通常は自動血圧計を用いて測定する家庭血圧を使用します。

そして、気になる高血圧の診断ですが、

  • 診察室血圧は、140/90mmHg以上
  • 家庭血圧は、135/85mmHg以上

で高血圧と診断されます。
また、診察室血圧に関しては高血圧でなくても全く大丈夫というわけではなく、


収縮期血圧
拡張期血圧
至適血圧<120かつ<80
正常血圧120-129かつ/または80-84
正常高値血圧130-139かつ/または85-89

のように細かく分類されており、合併する持病の状態によっては高血圧の値でなくても血圧治療の対象になることがあるので注意が必要です。

高血圧の原因

高血圧の90%程度は本態性高血圧といって、遺伝、加齢、肥満、食生活(特に塩分量やアルコール量)、ストレスや運動不足など様々な原因が複雑に絡み合って発症し、これといった原因が特定できません。

一方で、残りの10%の高血圧は二次性高血圧といって明らかな原因が特定できるものになります。二次性高血圧の原因はホルモン異常(原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群など)、腎臓病、薬剤の副作用などが挙げられます。

特に、原発性アルドステロン症は二次性高血圧の中でも頻度が高い(高血圧の10%前後と言われています)割には見逃されることが多く、しかも通常の高血圧治療と全く対応が異なるので特に注意が必要です。当院では、中等症以上の高血圧患者様には必ず血液検査でレニン・アルドステロン測定を行い、原発性アルドステロン症を見逃さないよう細心の注意を払っています。

高血圧の症状

ほとんどの場合、高血圧では自覚症状がありません。しかしながら、高血圧を長い間放置してしまうと動脈硬化が進展してしまうため、将来的に脳卒中(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞)や心筋梗塞を発症するリスクが高くなります。高血圧の治療の目標は症状をとることではなく、将来的な脳卒中や心筋梗塞を予防するためにあるということを理解して納得して治療を続けていただくことが重要です。

ただし、例外的に180/110mmHg以上の重症な高血圧では、めまいや頭痛、肩こり、動悸などの自覚症状がでることもあります。自覚症状のある高血圧は非常に危険な状態のため、このようなことがあったら直ちに医療機関を受診してください。

高血圧の治療法

高血圧の治療では、減塩やアルコールを控えるなどの食事療法や軽い運動療法などのライフスタイルの改善を基礎として、これに必要に応じて薬物療法を追加します。

現在、非常に多くの降圧剤が使用可能となっているため、薬物療法では病状に応じて自分に最も合った薬剤を選択することが重要です。治療は単剤での治療が基本ですが、効果が不十分であれば2種類、3種類の薬剤を用いた併用療法も良く行われます。

家庭血圧測定のやり方

しばしば、白衣高血圧といって診察室血圧は高いのに家庭血圧は正常という患者さんがいらっしゃいます。そのため、当院では白衣高血圧の除外のため家庭血圧測定を行うことを推奨しています。家庭血圧測定にあたって家に血圧計がない場合、まず薬局や家電量販店などで自動血圧計を手に入れる必要があります。自動血圧計はさほど高価なものでなく5千円~1万円程度のもので充分と思いますが、購入する場合は必ず上腕で測定するものをお勧めしています。手首で測定する血圧計では正しく家庭血圧が測定できないことがあるので、当院ではお勧めしておりません。

次に家庭血圧の測定の仕方ですが、まず測定回数は朝・晩の1日2回をお勧めします。測定の際は、なるべく背もたれつきの椅子に足を組まずに座って1-2分の安静後の測定してください。測定する時間は、朝は起床後1時間以内の朝食前(かつ朝の服薬前)で、トイレで排尿した後に測定するのが適切です。晩は就寝前に測定を行ってください。

測定回数は1機会あたり2回測定しその平均をとるのが基本ですが、大変であれば1機会あたり1測定のみでも構いません。

しばしば値が納得できないといって、1機会あたりに5回も6回も測定する患者さんがいらっしゃいますが、3回以上の測定はあまり意味がない(しかも疲れる)のでやらない方が良いと思います。

原発性アルドステロン症について

原発性アルドステロン症は高血圧患者の10%前後を占めており、頻度が多く最も重要な二次性高血圧の一つです。原発性アルドステロン症とは、副腎という腎臓の上にある小さな臓器からアルドステロンというホルモンが過剰に作られる病気で、増加したアルドステロンは高血圧だけでなく、低カリウム血症や脳卒中、心血管疾患、腎疾患などの原因になります。

原発性アルドステロン症が重要な理由は、原発性アルドステロン症は通常の本態性高血圧症と異なり手術で改善する可能性があるということと、通常の高血圧治療では脳卒中や心筋梗塞のリスクを効果的に低下させることが出来ないということです。

原発性アルドステロン症の治療は、病態に応じて手術療法で副腎を切除しアルドステロン濃度を低下させたり、あるいはホルモンを抑える薬剤を使用してアルドステロンの作用をブロックするという治療を行います。

原発性アルドステロン症は頻度が多い割には、診断と治療の専門性が高く単なる高血圧として見逃されてしまうため、高血圧でお悩みの患者さまは是非一度当院でご相談ください。特に、若いのに高血圧になった、比較的突然高血圧になった、内服薬が多く血圧も下がりずらい、カリウムが低いと言われた、などの条件に当てはまる患者さんは要注意です。